ネモフィラの育て方について!手入れのポイントはどこにある?

syVyJY6A

今回は人気の”ネモフィラ”の育て方についてみていきましょう。

最近になって育てる人が多いことで知られていますね。鮮やかな花が咲き乱れる様は美しいの一言です。機会があったら育ててみたいところですね。

水と肥料を控えるのがポイントのネモフィラ

ネモフィラは、北アメリカが原産地であるハゼリソウ科の一年草植物です。

開花時期は3月~5月の春となっています。草丈はそれほど高く成長せず、枝分かれして横方向に広がって茂ります。

花の色は、ブルー、白、黒に近い濃紫などがあり、満開時期には株を覆う程の花と付けるのが特徴です。そのため、1株でも十分なボリュームがありますが、複数株植えることでより華やかに彩ることができるので、花壇などに最適な品種です。

ネモフィラはあまり手間がかからず、初心者でも育てやすい植物です。

秋に種をまき、春に開花させます。耐寒性が比較的ある方なので、霜や凍結に気をつけていれば、戸外でも十分育てることができます。逆に、暑さに弱いといった点や、暖かいと一気に茎が伸びてしまうので、室内よりは戸外で育てる方が最適です。屋外の日当たりのよい場所で育てるようにしましょう。鉢植えでも露地植えでも育てることができます。

乾燥気味で肥料も少なめの方が丈夫な株となります。

そのため水やりは、土壌が白く乾燥してから行うようにしましょう。

肥料の方は、春と秋に、月1~2回程度液体肥料を与えれば十分です。水や肥料が多いと、葉や茎が育ちすぎてボリュームが出過ぎてしまい、病気を発生させやすくなったり、見栄えもよくないです。水や肥料はできるだけ最低限の量に留めることで、コンパクトにバランスよく育てることができます。土は水はけのよい用土が適しています。

手入れについて

日常のお手入れとしては、葉が茂りすぎて混み合うようなら、茎を適度に間引いて風通しをよくすることが大切です。

風通しが悪くなり湿気が多くなると、病気にかかりやすくなってしまうからです。また、枯れた花や茎もこまめに取り除くようにしましょう。ネモフィラのかかりやすい病気としては、多湿で発生しやすい灰色カビ病が挙げられます。

この病気は菌によって茎や葉が溶けるように腐る病気です。

もしもこの病気にかかってしまった場合は、混み合っている茎葉を間引き、痛んだ花や葉はこまめに取り除くようにしましょう。

ネモフィラの育て方のポイントとしては、水を肥料を控えめにすることです。また、混み合った茎や葉をこまめに間引き、風通しをよくしてやることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. N825_ohirunojikan500-thumb-750x500-2240

    2015-3-21

    寝坊の言い訳でオススメってある?遅刻した時はどう誤魔化す?

    今回は寝坊した際の言い訳についてご紹介しましょう。今回は学校でも仕事でも使える言い訳についてご紹介し…
  2. pr00142

    2015-3-19

    重曹で歯磨きする方法ってどういうやり方をするの?危険性はある?

    さて、今回は重曹での歯磨きについて触れていきたいと思います。 歯磨きをするときに使用するのが”…
  3. 139167791494355865226_illust3158

    2015-3-18

    歯磨きの正しいタイミングはいつ?朝と食後がオススメ?

    今回は歯磨きについて見ていきましょう。 子供の頃から大人になっても付きまとうのが”歯磨き”とい…
  4. 洗濯ばさみ

    2015-5-15

    洗濯物が臭い理由ってなに?臭いにおいは取れないの?

    洗濯物についてです。 洗濯物ですが、たまに洗濯をした後で変なにおいがする時がありますよね。あの…
  5. 00675-450x337

    2015-3-17

    1人暮らしの防犯について|このご時世なので男女ともに必見です

    さて、今回は1人暮らしの防犯について触れていきましょう。 犯罪が加速している現代社会にとっては…
ページ上部へ戻る