眠いのに寝付けない理由は?眠るにはどうしたらいいの?

004893

今回は眠いの寝つけないと症状について説明したいと思います。

こういった経験ありますよね。ベッドに入って眠いのに、全然寝付けないこと。明日は学校で行事がある、大事な仕事がある、そういった早く眠りたいときに限って眠れない。

誰にでも一度はある経験でしょうが、これが続くと不眠症となる恐れがあります。

眠いのに寝付けない理由は?

寝付けない理由ですが”ストレス”です。

睡眠をするということは、脳を休めるという意味合いがあります。

ストレスと不眠症は、密接な関係にあります。ストレスによって眠れなくなる不眠を、ストレス性睡眠障害といいます。

精神的なストレスを受けると、脳が興奮した状態になります。ノルアドレナリンやドーパミンといった成分が分泌されます。そうなると大脳が熱を帯びてきて、脳を休める態勢にはならないのです。

眠りが浅いのもストレスが原因?

その通りです。

人間の睡眠は90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していると言われています。ストレスを抱えたままの状態で睡眠に入るとこのレム睡眠とノンレム睡眠の周期を壊してしまいます。脳が十分に休息を取っていないのでレム睡眠の時間が多くなり、深い眠りに入ることができる時間帯が少なくなります。

その結果、深い眠りを味わうことができないという不眠の状態になってしまいます。

眠るにはどうしたらいいの?

簡単に言うとストレスを無くすことです。

ストレスを解消する=脳と体がリラックス

リラックスをする=眠れるようになる

完全にストレスを無くすことは難しいですが、寝る前にリラックスできる環境を作ることが何よりも重要です。

リラックスの方法としては「入浴、本を読む、アロマを使う、音楽を聞く」などがあります。自分がリラックスできる方法を選びましょう。

他にのコツとしては眠ろうと思わないことです。

眠れない時に多いのが「眠らなくちゃ・・・」と自分に言い聞かせて無理に眠ろうとすることです。これは逆効果となります。そういった感情がストレスになり、逆に寝付けなくなります。

眠らなくていい、と自分に言い聞かせましょう。

別に1日くらい眠らなくても大丈夫だと自分自身に言い聞かせることは非常に有効です。

このように余裕を持つことで脳がリラックスし、安眠できるようになります。

どうしても眠れない時は目をつぶっているだけで効果があります。目をつぶっているだけでも、浅い睡眠のときの脳波が出ているので、脳が回復する効果があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. N825_ohirunojikan500-thumb-750x500-2240

    2015-3-21

    寝坊の言い訳でオススメってある?遅刻した時はどう誤魔化す?

    今回は寝坊した際の言い訳についてご紹介しましょう。今回は学校でも仕事でも使える言い訳についてご紹介し…
  2. 2768-450x337

    2015-3-17

    車をこすった時に逃げた&当て逃げした際についての対処法

    今回は車のトラブルに関してです。 車のこすった傷の対処については以前の記事で紹介しましたので、…
  3. pr00142

    2015-3-19

    重曹で歯磨きする方法ってどういうやり方をするの?危険性はある?

    さて、今回は重曹での歯磨きについて触れていきたいと思います。 歯磨きをするときに使用するのが”…
  4. 00675-450x337

    2015-3-17

    1人暮らしの防犯について|このご時世なので男女ともに必見です

    さて、今回は1人暮らしの防犯について触れていきましょう。 犯罪が加速している現代社会にとっては…
  5. 白シャツ

    2015-5-13

    洗濯物の干し方にはコツがあるの?工夫した干し方がある?

    洗濯物の干し方にはコツがあるのでしょうか。 今回は2人の方に洗濯物の干し方のコツをうかがいまし…
ページ上部へ戻る