車をこすった時に逃げた&当て逃げした際についての対処法

2768-450x337

今回は車のトラブルに関してです。

車のこすった傷の対処については以前の記事で紹介しましたので、そちらを参考にしてください。今回は「車をこすった&当て逃げしたorされた時の対処」について説明したいと思います。

こういった経験はないほうがいいのですが、確実には避けらえないですよね。当て逃げされたり、こすられたり、というのは自分が気をつけてもどうにもならないですからね。

車をこすり逃げ&当て逃げした場合について

まずは自分がしてしまった場合についてです。

先に言いたいのは「逃げないでください」ということですね。

しかし気が動転して逃げてしまった、あるいは当てっているのに気が付かないで後々になって電話が掛かってきた。そういったこともあると思います。

当ててしまった場合の対処ですが、その場にとどまりましょう。そこで逃げてしまうと非常に悪い事態となります。バレないと思っている人もいますが、どこにも人の目があるものです。すぐには見つからなくても相手が気づいて、警察に届けてから問題が発覚したら恐ろしいことになります。

逃げると「事故報告義務違反」という罪状になります。

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となりますので、罰金3~4万円になる可能性があります。

当ててしまった場合はとりあえずその場で待ちましょう。

相手がいる場合は話し合いになります。警察を呼ぶかどうかは相手次第ですね。相手がいない、例えば駐車場などで当ててしまった場合は「相手を待つorメモを書いて相手の車に張り付けておく」ようにしましょう。

決して何事もなく逃走というのは辞めましょう。

ただし、相手の性格が悪いと過大に請求される恐れがあります。

当ててしまったらその箇所を写真に撮っておきましょう。画像に残しておくことで、後々多大な請求をされることを防げます。

こすられた&当て逃げされた場合

こすられたor当てられた場合は簡単です。

基本的には相手も話し合いに来るでしょうが、そうなった場合は相談してください。被害者は請求することしかできないので、修理代をしっかり請求しましょう。

相手がごねるようならば警察に連絡をしましょう。

もし逃げられたら相手のナンバーを覚えておきましょう。メモに書いたり、携帯にメモったり、いろいろと覚える手段はあります。上記にある当ててしまった場合も考えて”車にメモを常備しておきましょう”。

相手のナンバーを覚えていれば大丈夫です。後はいくらでも対処ができますので、警察に届け出ればOKです。保険屋にも連絡をしましょう。

イライラする気持ちはわかりますが、冷静に対処しましょう。

当て逃げの場合、加害者を特定することができなければ修理費用などは全て自分で支払わなければいけなくなります。

相手の車が全然わからない場合は近くにいる人に尋ねてみましょう。目撃者を探すことが重要です。見つけられなかったときは残念ながら自己負担となりますが、まずは警察に状況を話しましょう。

当て逃げは立派な犯罪です。

逃げた相手に同情をせず、警察に届け出ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 1-1214836242AGCu

    2015-3-11

    1人暮らしで絶対必要な家電に掛かる費用はどれくらい?

    今回は1人暮らしの家電について触れましょう。 1人暮らしで気になるのが費用面ですが、その中でも…
  2. pr00142

    2015-3-19

    重曹で歯磨きする方法ってどういうやり方をするの?危険性はある?

    さて、今回は重曹での歯磨きについて触れていきたいと思います。 歯磨きをするときに使用するのが”…
  3. N825_ohirunojikan500-thumb-750x500-2240

    2015-3-21

    寝坊の言い訳でオススメってある?遅刻した時はどう誤魔化す?

    今回は寝坊した際の言い訳についてご紹介しましょう。今回は学校でも仕事でも使える言い訳についてご紹介し…
  4. syVyJY6A

    2015-5-13

    ネモフィラの育て方について!手入れのポイントはどこにある?

    今回は人気の”ネモフィラ”の育て方についてみていきましょう。 最近になって育てる人が多いことで…
  5. 173

    2015-3-11

    1人暮らしで絶対に必要なものは?リストでチェックしましょう!

    今回は1人暮らしで必要な物について記していきたいと思います。 新しい生活を始める1人暮らしにお…
ページ上部へ戻る